9)ウニが食べられなくなる!? 知ってほしい「昆布の森」の減少

(トップ写真:Photo by (c)Tomo.Yun

昆布が多く生えている場所「昆布の森」。

昆布の森は魚や小エビなどの産卵や生育の場。様々な海の生き物にとっての拠り所となっています。

また、ウニは昆布を餌としており大量に生息している場所でもあります。利尻や羅臼など昆布で有名な地域は、同時にウニも美味しくて高級なものが多いです。

というように、地上の森が環境に重要な役割を果たしているのと同様に、海の中では昆布の森が非常に重要なものになっています。

近年は北海道沿岸部でその昆布の森が減少しているそうです。

「昆布の森」減少の原因

昆布の森が減少している原因はいくつかあるようです。

まず、「磯焼け」と呼ばれる現象。これは無節サンゴモという「石灰藻」が、昆布が生える海底を覆ってしまう現象です。これにより昆布が生えにくくなってしまい、更には昆布が少ないことからウニが、まだ成長していない昆布を食べつくしてしまうということが、更に磯焼けを加速させています。

磯焼けは海水温が上がると発生しやすくなります。北海道沿岸においては、対馬暖流の影響でもともと磯焼けが発生しやすい場所もありましたが、現在ではそれがさらに広がっています。ただ、磯焼け自体はウニが初期の成長をするのに必要な場所でもあり、それ自体が悪いものではありません。絶妙なバランスを保って生息していた昆布の森や磯焼けが、地球環境の変化によりバランスを崩しているのが問題のようです。

また、別な要因としては、昆布の生育を妨げてしまう「雑海藻」の繁茂ということもあります。雑海藻は地上で言えば雑草であり、雑海藻にはホンダワラなどがあります。この雑海藻の繁茂は流氷と大きく関係しています。

北海道に到達した流氷は、その底面が海底の岩を削る動きをするのですが、この削る動きが海底の岩に付着した海藻類を取り去ります。昆布を含めた海藻類の多くが海底から削られて無くなってしまうのですが、この時に岩のくぼみなどの削られづらい場所に残った昆布が新たに成長することで昆布の森を形成します。逆に言えば、流氷が来ないと昆布が育ちづらい環境になってしまい、雑草ばかりになってしまうんですね。

昆布が減ることで、結果的にはそこに生息するはずだった他の生物が生息できなくなってしまいます。もちろんウニも大人になってからの餌を失うわけですから、実入りの悪いものが多くなり、全く食べられないウニばかりになってしまう危険性もあります。

昆布を食べて「昆布の森」減少を防ぐ

前項の原因は環境の変化、主に温暖化によるものです。これに加え、漁業関係者が減少していることも間接的な原因になっているようです。

新規に漁業に携わる人が減少していることで、漁業関係者の高齢化も進んでいます。漁業関係者の減少と高齢化により、多くの漁場に目が届かなくなっており、そのために荒廃してしまう漁場が増えている、ということです。

昆布の消費量の減少から、昆布の生産量の減少→漁業関係者の減少→漁場の荒廃と悪循環が続いていると考えられます。

大学などの研究機関などにより、昆布の森を守る磯掃除事業なども行われており、一定の成果は上げられているようです。しかし、それもやはり限界はあります。

健康・美容にも良く、とても美味しい昆布を多く食べることで、昆布の森を守っていきたいですね。