佃煮昆布

5)知ってますか? 昆布の様々な加工方法

昆布は固いものです。

そのため、そのままで食べることは少なく、料理としてはだしを取るのに使ったり、食べる場合には煮込んだりします。

また、細く刻んだり削り出したりなど、加工して販売されることも多いです。

昆布を切ったり削ったり

昆布の代表的な加工方法としては細く刻む「きざみ昆布」、削り出す「おぼろ昆布」「とろろ昆布」などがあります。

きざみ昆布

昆布を細かく刻んだものです。

刻むサイズにもバリエーションがあり、塩昆布や佃煮昆布でよく見られるような幅1~2mm程度のものや、もう少し幅広く5mm程度に刻まれることもあります。

おぼろ昆布

昆布を一枚ずつ薄く削り出したものです。

もともと薄い昆布(多少厚みはありますが)をさらに薄く削り出す方法であり、職人技が必要です。乾燥させた昆布を、カンナのような専用の刃物を使って薄く幅広に削り取っていきます。その際、力の入れ具合や刃物の角度など、上手く加減することが必要となります。

固い昆布を薄くしているわけですから、昆布そのものの風味はそのままです。おにぎりに巻いたりして使っても美味しいです。

とろろ昆布

昆布を何枚も重ねてプレスすることでブロック状にし、その側面を削り出したものです。削り昆布と呼ばれることもあります。

機械で加工するものであるため、おぼろ昆布に比べると大量生産が可能です。また、見た目としては、おぼろ昆布は帯状ですが、とろろ昆布は糸状になります。

味噌汁などに入れると美味しいですね。

根昆布

昆布の根元部分です。だしを取るのに使えるほか、一晩水に浸してその水を飲むと、昆布の栄養素を摂取できます。

最も旨味のある部分であるという話もあります。

白板昆布

おぼろ昆布を削った後に残る芯であり、薄くて白い板状になった昆布です。バッテラで使われるのが有名です。

さらに少し味付け

上記のように刻む、削るなど昆布自体の形を変える加工のほか、味を付けられたものもあります。その際、食べやすいサイズに切られることが多いです。

塩こんぶ

細切りの昆布を、醤油・みりんなどで長時間煮込んで味を付け、最後に塩をまぶしたものです。

塩こんぶ

おしゃぶり昆布

昆布を短冊状に食べやすく切ったものです。梅などの味をつけたものもあります。

酢昆布

昆布を酢と砂糖で作られた調味料に漬け、乾燥させた後、食べやすい大きさにしたものです。

昆布茶

昆布を粉末状にして味付けしたものです。名称通りお茶として飲むほか、だしのように使うこともできます。

代表的な昆布料理

非常に多く見かける昆布料理には佃煮昆布や昆布巻きがあります。

佃煮昆布

名前通り、昆布の佃煮です。しいたけや山椒と合わせたりすることもあります。

佃煮昆布

昆布巻

昆布でニシンや鮭、たらこなどを巻き、醤油と砂糖で煮たものです。

昆布巻き

松前漬

昆布とするめを、醤油、砂糖、酢などを合わせたタレて漬け込んだものです。

松前漬